過払い金の返還請求

金融業界は年々法律が厳しくなり、特に最近では法律の改正によって金利の上限に制限が設けられています。
そういった状況の中で、最近インターネット上などで話題や注目を集めている事柄が、過払い金に関してのさまざまな問題です。
法定利息の上限以上の利息を設定している金融業者のキャッシングなどを利用している債務者にとって、通常払わなくても良い法定金利を超えた分の金利が、一般的に過払い金と呼ばれるものです。
こういった過払い金は金融業者を訴えることによって返還請求を行うことが可能ですが、多くの場合債務者が返還請求を行わなければ、自発的に過払い金を返還するような業者は皆無だと言われています。
債務者が自ら行動を起こして過払い金の返還請求を行うためには、過払い金の返還に関しての経験実績が豊富な司法書士に過払い金の返還の代行を依頼することが有効です。
過払い金の返還義務は過去の過払い金にも適用されるため、借金の返済期間が長ければ長いほど有利になっていきます。
場合によっては借金の返済途中でも過払い金の返還を請求することによって、過払い金が返還されるばかりか元金も相殺されて借金の返済が完了扱いになるケースも存在します。


ページの先頭へ