住宅ローンを支払い遅延をしないために

住宅ローンが生活の負担になってしまうことがあります。ローンを組んだときには、専門家の支払計画は万全の方法だったはずです。しかし、社会状況や生活状況の変化によって、計画に変更が必要になってしまう場合があるのです。
現在は、ローンの支払に遅延の心配はなくても、近い将来に支払に支障が生じる可能性があるとしたら、何らかの対策を立てることが必要です。まずは、契約を見直すとよいでしょう。住宅ローンの契約を交わした金融機関に相談をして、ローンの返済計画を見直してみましょう。
例えば、ローンの1回の支払い金額の変更、支払期間の見直し、延長、など、支払がスムーズに行えるようにします。一度契約した内容を本校することが可能なのか心配になるかもしれません。しかし、中小企業金融円滑法という住宅ローンに関して返済を支援する制度がありますので、この制度についても照会しておくとよいでしょう。
また、このような制度が利用できなくなった時でも、支払が遅延してしまう可能性があるのならば、きちんと金融機関との話し合いをすることをおすすめします。中小企業金融円滑法が利用できなくても、借り換えなどで利息の安い支払いに移行できることもあるのです。
もしも、ローンの支払いが遅延をしてしまうと、個人信用情報機関に支払い状況の情報が登録されてしまいます。支払の滞りが長期になってしまうと、もっと厄介なことになります。クレジットカードの利用や新規契約、キャッシングもできない状況に陥ってしまうのです。最悪の場合、自己破産という悲惨な結果になってしまうこともあるのです。












ページの先頭へ