支払いが2ヶ月間滞ると大ペナルティ

クレジットカードやローンの支払いには細心の注意を払っていたつもりなのに、引き落とし日の勘違いなどで滞ってしまうことがあります。
遅延の特使くが来る前に気が付いたら、すぐにカード会社に連絡をしましょう。また、督促などのお知らせが来た場合には、期限内に支払の手続きをすることも大切です。いずれの場合にも速やかな対処をすれば、1ヶ月の遅れ程度で、支払いの意志があれば大きなペナルティにはなりません。
遅れても支払えばいいんだ、というような感覚でいると、遅延することに対して罪の意識が薄くなってしまいます。しかし、支払いの遅れに対して、寛容に対処してもらえるのは1度だけです。これが、2度目となってしまうと、厳しいペナルティが科せられてしまいます。
カード会社からの信用の失墜ということ以外に、大きなペナルティがあるのです。まず、カード会社から退会させられてしまうことがあります。退会に至らなくても、使用停止という処置をされます。
このようなペナルティは、カードを契約する際に、契約書や約款に記載されているはずです。面倒くさがらずに、きちんと読んで確認しておく必要があります。
支払いの遅延があると、1ヶ月でも、個人信用情報機関に情報が伝わってしまいます。これが2ヶ月になると異動登録という処置が行われます。こうなると、社会的にもあまり良い影響がありません。
別のカード会社で作ればいいというような安易な考え方は通用しません。カード審査に通らないこともありますし、新たにローンを組むことは非常に難しくなります。
遅延はしない方がよいのです。支払いに遅れてしまうような場合には、カード会社に連絡をとり、速やかに対処するとよいでしょう。












ページの先頭へ