3ヶ月間支払えないときのペナルティ

頑張ってローンやカードの支払いをしてきたけれど、どうしても支払えなくなってしまったらどうするのでしょうか。中には、うっかりミスや開き直りの人もいるでしょうが、のっぴきならない事情で払えなくなってしまう場合もあるでしょう。
どんな事情があっても、借りたお金を返さないのは良くありません。支払いの遅延も3ヶ月に渡ってしまうと、大きなペナルティが発生します。未払いを解消せずにいると、個人信用情報機関に情報が記録されます。記録の中でも、異動情報や延滞情報として記載されてしまうと、社会的に不利な立場になることが多くなります。
異動情報や延滞情報には悪質な未払い者が登録されるということが周知となっています。さらに、支払の遅延も3ヶ月となると、複数ある個人信用情報機関の間で情報が共有されてしまいます。
悪質という情報が共有されてしまうと、新規のローンを組むことはできませんし、新規のカード審査にも通りません。また、進行形で利用している金融機関からの信用も失墜します。
もちろん、キャッシングもできなくなりますし、消費者金融からも敬遠されてしまうことになります。
少しぐらいという安易な思い込みは危険です。カード払いやローンは借金の返済をしているという気持ちを持つことが必要です。
ペナルティが重すぎるように感じるようでは考え方が甘いのです。トラブルの原因は自分の未払いなのです。支払いの遅延はしない、遅延の恐れがあるのならば生活を見直すなどして、返済の努力をしましょう。それでもだめなら、専門家に相談しましょう。












ページの先頭へ