個人信用情報に記載されるとき

クレジットカードを利用してのショッピングは、手持ちが足りない場合に非常に重宝します。カードが1枚あれば、大金を持ち歩かずに安心してショッピングを楽しめます。
しかし、自分の支払い能力を考えることなくショッピングをしてしまうと、しっぺ返しを食うことがあります。毎月の支払金額が自分の負担になってしまうような使い方は感心しません。支払いが遅延してしまうことは避けなければなりません。
万一支払いの滞納が起きてしまったら、速やかにカード会社に連絡をとって支払の手続きを取りましょう。たった1度でも支払いが遅れてしまうと、個人信用情報機関に登録されてしまいます。
個人信用情報機関とは、銀行や信販会社、キャッシング業者などが加盟している機関で、複数あります。新規にカードを作るときの審査の判断基準としても利用されます。つまり、カード利用者の信用度が図れる機関なのです。個人信用情報機関には、申し込み履歴、支払状況、遅延履歴など、カードの使用に関する情報がすべて登録されるのです。
1度支払いの遅延をしてしまうと、カードが加盟している個人信用情報機関に登録されます。他の信用情報機関との情報の共有はされません。しかし、2度以上の遅延があると、複数ある機関同志で情報が共有されることになります。このため、未払い金などが存在していると、新たなローンを組む時に審査に不利になることは間違いありません。
また、滞納情報など、共用情報は永遠に残されるものではありません。未払い分を完済してから数年で削除されるようになっています。たとえ、一時的に信用が失墜してしまったとしても、完済することができれば、信用の回復は可能です。












ページの先頭へ