クレジットカードで支払うということ

クレジットカードを持っているということは、珍しいことではありません。持っていなくても生活することはもちろん可能です。
クレジットカードには種類がありますが、作成するためにはある程度の信用が必要になります。社会的な信用度の目安として、所持している方が便利で重宝するのです。
クレジットカードというのは、商品の購入やサービスを利用したとき、後払いができるシステムです。これに対してプリペイドカードは前払いのシステム、デビットカードは即時払いのシステムです。
しかし、クレジットカードは支払日が後日になってしまうために、忘れてしまう場合があります。しかし、遅延はルール違反です。利用料金を引き落とす銀行に入金がされていない場合には、クレジットカード会社は引き落としができなってしまうので、督促をします。
督促をしても、支払の遅延が解消されない場合に、最悪、法的手段を取られることもあります。。クレジットカードの支払い期日は、会社によって異なります。特に、数種類のカードを利用している場合には、引き落とし期日はきちんと把握しておくことが大切です。
カードでの支払いは現金の場合とは違って、支払ったという感覚が薄いです。ですから、残高や支払能力を考えずにカードを使用すると、支払の能力を超えてしまい遅延してしまうことにもなりかねません。
料金の支払いは銀行などの講座から自動引き落としになっていますが、残高が不足すると、金融機関からカード会社に通達されます。遅延が長期に渡ったり、頻繁に起こってしまうと、カード会社や個人信用情報機関にも情報が伝わってしまうこともあります。












ページの先頭へ