代位弁済について

ローンを組んで支払いをすることにしても、遅延をしてしまうことがあります。そんなとき、代位弁済という方法での返済方法をとることがあります。
代位弁済というのは、ローンを組んで支払いをしている債務者に代わって、支払いの残りを弁済することをいいます。例えば、キャッシングの債務を本人の親族が弁済するケースがありますが、これが代位弁済にあたります。債権者に代位することが可能なケースは、正当な利益を持つ人が弁済をした場合に限ります。
たとえ親兄弟でも、保証人や債務の相続をしていない場合には、払いの義務は生じませんので、代位とはなりません。さらに、取り立て行為も代位とはみとめられません。
支払いの遅延で生じた弁済金は、代位弁済によって支払った保証人や保証会社が主債務者に請求できます。例えば、金融機関から住宅ローンを借り入れる場合には、保証会社と保証委託の契約を結ぶことが多いです。つまり、金融機関に対して、保証会社が代位となるわけです。
保証会社は支払った負債分を債務者に請求します。支払いが滞って弁済したわけですから、競売や任意売却を進めてきます。
万が一、ローンを組んだ本人が、支払の遅延が長期にわたってしまい、継続が困難になってしまった場合には、保証会社が金融機関に対して返済をするということです。このような場合には、金融機関は、たとえ支払いが滞っても損益が出ない仕組みになっています。
絨毯ローンでは、保証会社が入らない場合もあります。その場合には、支払いが遅延しても代位弁済をしてくれるところがないわけですから、金融機関が任意売却や競売などでの返済を提案してきます。












ページの先頭へ