3ヶ月間も支払いが滞るのはタブー

クレジットカードやローンの支払いは、毎月きちんとすることが基本ですし、大切です。しかし、ついうっかりで引き落としができないというトラブルが発生する場合があります。支払いの滞りで寛容に許してもらえるのは1回限りです。
遅延も2回になると、ついうっかりでは済まされません。カードの利用停止や強制退会などのペナルティが科せられてしまうのです。
2回の支払いの滞りでさえ、社会的信用に傷がつきますので、3回にもなると、さらに悪い状態に立たされることになります。カードを利用するときには、まさか、払えない状況になるとは考えません。しかし、突発的な事情が事態を悪化させることがあるのです。
遅延した分の金額を一括で支払える場合には、支払いによってトラブルを解決することは可能です。しかし、失職や病気などで支払いが困難になってしまうとも自分では解決できない状況になることもあります。
1回の支払額が大きいために自分の支払い能力が追い付かない場合には、専門家に相談することも必要になってきます。自己破産や任意整理の手続きという方法も考えられます。
行動は早いほど効果的です。開き直って、支払いの遅延を続けたり、督促状を無視したり、することは社会人として失格の烙印を押されてしまいます。社会的信用を失墜させてしまうと、回復することはとても難しいものです。
支払いの長期遅延は、個人信用情報機関に登録されますので、新規のローンを組むことも、新規のカード作成もできなくなります。登録が抹消される日数は、未払い金額を完済してから起算して計算されるようになりました。場合によっては、完済していても10年間記録されることもあります。












ページの先頭へ