借金の取立てを止めたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

貸金業者に対する法規制が強化された影響を受けて、一昔前によくあったような厳しい取立てを行う金融業者はほとんど姿を消しました。
多くの金融業者は法律の規定に則った形でソフトな返済督促を行っています。
一般的には、返済が滞ると、まず「入金のお願い」というハガキが郵送されます。
それに対して適切な対応をとらないでいると、次は本人の携帯電話などに督促電話が入るようになり、最終的には裁判所を利用した債権回収手続きに至ることになります。
法律上、本人以外に借金の督促をしてはいけないことになっていますので、同居の家族にも知られないような形でこれらの作業が進められるのが原則です。
 しかし、金融業者の中には、自宅や勤務先に執拗な督促電話を入れたり、直接訪問して恫喝まがいの取立てを行うようなところも存在するのは事実です。
そうなってしまうと、生活していく上で様々な支障が生じてしまいます。
この借金の取立てを止めたいと考えた場合には、弁護士に債務整理を依頼するという方法が一番確実です。
弁護士に正式に債務整理を依頼すると、弁護士は事件を受任した旨を債権者に通知します。
即時に電話で通知すると同時に文書による通知も発送しますので、債権者からの取立てがピタッと止まります。








ページの先頭へ