債務処理

このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理と過払い金

借金の返済をしているが、その返済が困難になりどうにもならない場合、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談をして、借金の問題を法的に解決することができます。
この借金の問題を法的に解決する方法を債務整理といいます。
この債務整理ですが、家族や会社にばれずに行いたい場合ですが、その場合は債務整理の手続きの中で任意整理を行います。
ほかの民事再生や自己破産といった債務整理の方法だと、裁判所を介すことになってしまいますので、任意整理であれば交渉は、弁護士や司法書士とだけなので、会社や家族にばれずに行うことができます。
任意整理ですが、この手続きは債務整理と過払い金の返還請求を同時にできる手続きなのです。
なぜかというと、任意整理の手続きは、契約開始から直近までの取引を、法定金利以下、つまり利息制限法以下の金利に引き直して再計算を行います。
そして、払いすぎていた利息分を元金に充当させ、借金の総額を減らして、その金額を原則3年以内で完済できるように返済計画を立てます。
ここで、過払い金の金額が多くて元金充当したら完済ができて、逆にマイナスになるときは、その払いすぎた利息分が戻ってくることがあります。
特に取引期間が長いと発生します。

借金が返せない方は債務整理を

はじめに、「借金が返せない方は債務整理を」と言ってはいますが、「債務整理すればいくら借金をしてもいい」という考え方はしないでいただきたいです。
しかし大抵は、言われずとも相当に悩んでいるでしょう。
最悪自殺にまで追い込まれてしまう、と言った人が多いのも、日本人の特徴です。
一口に債務整理、等と言われても、いまいちピンときません。
結局破産なんでしょ、と言われれば、半分正解、と言ったところでしょう。
なぜ半分かというと、債務整理というのは、借金を整理するための方法の総称であり、「自己破産」と言うのはこの中の一つだからです。
自己破産は借金が帳消しになる代わりに、住居などの資産もすべて没収されてしまいます。
何もかもをリセットして、ゼロからスタートしたい方はこれでもいいでしょうが、実際住居を失うと辛いことも多いです。
これが嫌な場合、個人再生、任意整理などといった方法も取れます。
「個人再生」は、借金を減らした状態で、残った借金を3年間で返済していく方法、「任意整理」は、弁護士や司法書士が代理で借金の減額や分割払いの交渉をしてくれます。
最近では、一緒に過払い金についても調べてくれるところが多いです。
本当に困ってしまった時は、こういった金融のプロに相談するのが一番です。
自殺をするしか無いと悲観的な考えをする前に、無料相談窓口に問い合わせるのが大切です。

1 | 2 | 3 | | >| |








ページの先頭へ